包茎の対策とは?包茎の正しい治し方を公開!

- こんなことに悩んでいるなら包茎手術を

こんなことに悩んでいるなら包茎手術を

日本人の7割ほどが包茎と言われており、特に害がない症状ですが、何かと問題になることがあります。
残りの3割が包茎ではありませんので、そんな友人を持つようになると、劣等感を味わうこともあるでしょう。
それはコンプレックスになりますが、包茎がもたらすのは劣等感だけではありません。
コンプレックスとその症状を見て、包茎手術のメリットを感じてください。

コンプレックス解消に役立つ

進んで人前で裸になるようなことは少ないですが、裸にならざるを得ないことはあるでしょう。
そんなときなるたけ堂々としていたいものです。
温泉に行くときに、他の人たちは堂々としているのに、自分だけでタオルで隠すようなことを想像してみてください。
確かにタオルを使って股間を隠すのはマナーですが、過度に気にする原因は紛れもなく包茎です。
このような事態を根本的に解決するのが包茎手術になります。
手術を受ける基本的なメリットの多くがコンプレックスの解消です。
包茎によって気が小さくなるのであれば、それを取り除くことで、積極的な自分になれるチャンスがそこにあります。
コンプレックスを抱いている人こそ手術を受けることをおすすめします。


臭いや病気の原因に

包茎がもたらすものは、なにもコンプレックスだけではありません。
包茎といっても真性包茎や仮性包茎の種類がありますが、それら共通してもたらす症状があります。
それは臭いです。
尿の残りや垢が蓄積して包皮の中にたまるものを恥垢と呼びます。
強烈な臭いを放つために、特に包茎の人は突発的な性行為を避ける原因になることがあります。
またこの恥垢は病気の原因になることも。
亀頭包皮炎といって、女性で言えば膣カンジダ症と一緒であり、水泡ができてただれる症状になります。
この症状になると包皮によって亀頭を覆いますので、ジクジクと湿って治りにくくなります。
乾燥しにくくなりますので、たとえ治ったとしても包茎であることでぶり返すことが多いです。
良く効く石鹸や治療薬はありますが、根本を治療しなければそれらは改善しません。
その症状を治療したいのであれば、手術を受けるのが最短距離の治療方法になります。

自分で剥けるといっても問題になることも

自分で剥けるから問題ない、また清潔にしているから病気にもなりにくいと主張する方もいるでしょう。
もちろん正しい方法です。
ただそうであっても時に問題を起こすことがあるのが包茎です。
包皮が覆っていることで乾燥し辛いことから、夏場にかゆくなることがあります。
デリケートゾーンのかゆみはひどいもので、特に夏は居心地が悪いです。
かゆみで集中できなくなることもあり、特に夏場はそれが影響して強い臭いを発することもあります。
夏は恋の季節でもありますので、突発的な男女の出会いを損なわせる原因になるかもしれません。
いつどこで出会いがあるのかなんてわかりませんので、それに備えて手術をし、包茎から卒業しておくことでメリットを見出せるでしょう。

手術を受ける手順

受けることに対してメリットが多い包茎治療ですが、その手順も確認しておきましょう。
クリニック選びが重要になります。
どこでも手術はできることが多いですが、なるたけ専門クリニックを受診してください。
見た目も大切であり、費用も保険診療外になることから高めです。
そういった受けるデメリットを改善するのもクリニックになります。
多くのクリニックは予約をしカウンセリングが完了し患者が承諾したら、すぐに手術を行います。
時間は30分で終わることが多く、カウンセリングやケアを合わせたら3時間あれが終わります。
担当医から生活上の注意点を受けて、すぐに日常生活に戻ることが可能です。

術後のこと

簡単な手術ですが、受けた当日は安静にしておいた方が賢明です。
メスを使った手術が多いので、傷口が開かないようにしておきましょう。
3日ほどでガーゼが取れ、よほどのことがない限り、その間通院することはありません。
14日ほどで抜糸になります。
抜糸をするときにクリニックに行くくらいで、あとは通常の生活を送れます。
ただセックスをするまでには3週間ほど要しますので、そのつもりでいましょう。
包茎を改善するために必要な物があるとしたら、それは決断する勇気になるはずです。
クリニックに行くことにも勇気がいります。
ただその決断をするだけで、包茎によって抱えている問題をすべてクリアできるとしたら、それはメリットしかないはずです。