術後は比較的自由

- 術後は比較的自由

術後は比較的自由

手術と聞くと、身動きが取れないように感じることがありますが、包茎手術であれば、比較的術後は自由に過ごすことができます。
詳しいことは手術を受けた後に、アフターケアとしてクリニックの方から説明がありますが、事前に知っていれば円滑に進めることができるでしょう。
術後の流れを見ていきましょう。

入院必要なしで手術30分

手術の時間は30分で終わることが多いです。
手術と聞くと大袈裟に感じてしまいますが、処置という程度のものになります。
切開して縫合をするまで約30分で終了です。
クリニックではカウンセリングとアフターケアについての説明がありますので、大体3時間ほどかかる計算になります。
もちろん麻酔をしますので痛みはありませんが、ただそれは個人差がありますので、仮にあったとしてもマスクによる麻酔も可能になりますので、安心して手術を受けてください。
どちらにしても入院することはありません。
そのまま自力で帰宅ができます。


翌日からシャワーができる

クリニックによっては当日からシャワーができることもありますが、多くは翌日からが多いです。
念のために抗生物質なども服用するケースがあり、クリニックによりさまざまです。
ただ3日間は傷が開きやすいですので、安静にしておくことをおすすめします。
3日間経過したらガーゼが取れて、縫合したまま日常生活に戻れるでしょう。
ただアルコールは血液の循環を促進させることから1週間は控えるようにして、自転車やバイクも股間を刺激しますので、1週間ほど跨らないようにしましょう。

抜糸は約2週間で激しい運動は一週間から

抜糸は2週間かかります。
クリニックですることが多いですが、自然に溶ける糸で行う場合は、必要ありません。
また激しい運度は1週間になりますが、期待するセックスは1か月ほど待った方が無難です。
禁欲生活を行って、1か月の欲求不満を包茎手術で得た新しいジュニアで楽しむと良いでしょう。
麻酔を使いますがそこまで不安視する必要がありませんが、安心して手術を受けるためにも慣れているクリニックを選んでください。